カテゴリ:リビルト品、社外新品( 3 )

ステップワゴン スパーダ パワステポンプのリビルト品交換

ステップワゴン スパーダ RG1(20年3月登録)の修理事例です。

今回はリサイクルパーツとは違ってリビルト品での修理をご紹介します。

『リビルト品』とは、なんぞや?

『リビルト』⇒『REBUILD』の文字のごとく、簡単の言えば『組み直す』を意味します。

一度部品をバラシて各パーツの点検をして組み直す。

もちろん消耗した部品や壊れた部品は新しいものに交換。

もっと言うと! 純正品では壊れやすい部品を強化品として自社で製作!

そこまでこだわるリビルトメーカーさんも居られます♪

今回はそんなリビルト品での交換事例です。

ステップワゴンによく見られる症状・・・

走っていてエンジンルームからモーター音の様な、うなり音が発生!!

エンジン音より大きな音・・・

そして、アクセルと連動してずーっと鳴っているとか?

エンジンルームを開けて中を確認すると。。。

a0300078_18455661.jpg
パワステポンプ周辺から音が・・・ やはり鳴っています。(赤丸がパワステポンプ)

交換での判断としましたが、純正新品にするか? リサイクルにするか? リビルトにするか?

新品は¥48,500、リサイクルは¥7,000、リビルト¥15,000と。。。


流石に新品は結構な値段がしますねー!!

リサイクルだと安くって¥7,000円♪ リビルトは¥15,000とその倍!! それでも新品の1/3の価格♪

安く直したいので、新品は却下(笑) 残る2種が候補になります。

さてと・・・

リサイクルにするか? リビルトにするか? 悩みどころですが・・・

リサイクル品の詳細を確認すると・・・ 走行距離が今の車とほぼ同じ距離数。

と言うことは? また同じ事が発生する可能性も考えられます。

これからも長く乗りたい!とオーナー様の要望あり!

リビルト品は確か。。。

冒頭前述の通り、部品の組み直しもしてるし、場合によっては各部の対策も考えられているはず、、、

であれば、純正より遥かに、高性能かも!!

確実に長く乗ることを考えれば、リビルト品をお薦めします♪

決してリサイクルが悪い! と言うのではなく・・・

その時の状況によって修理方法が選べるのが、リサイクルパーツ・リビルトパーツを使う利点♪

と言うことで、今回もRECOジャパンにオーダーして頂いて。。。

a0300078_18460351.jpg
翌日には、リビルト品が届きましたー♪

a0300078_18461496.jpg
新品と殆ど変わらない商品ですね!

a0300078_18460807.jpg
このように、取付け時の説明書が添付されてます(中央)

ご丁寧に、今回の症状の原因まで説明された説明書まで同封されておりました♪(右)

毎日のように同じ症状の商品をリビルトしているメーカーさんならではのサービスですね!

これは今後の知識として、修理業者様も本当に助かりますね!!

【今回の原因として】
ポンプ低圧側のホース付け根がバンドで絞めてあり、経年劣化でホース(ゴム製)が硬くなり、付け根が開いてしまうとのこと・・・
オイル漏れは生じないが、そこから外の空気(エアー)を吸ってしまい、ポンプ内にエアーが流入!!
それが原因で異音が発生するとのこと!! 低圧側ホースも確実に交換をして欲しいとも明記してありました。

a0300078_18464369.jpg
ホースを外し・・・ 本体も取り外して・・・

a0300078_18462240.jpg
a0300078_18465285.jpg
絶対に必要なOリングまで付属しており至れり尽くせり♪

意外と変えずに修理してしまう業者さんもいるので、ここはメーカーさんの対策(心使い)が施されているのでしょうね!

a0300078_18464701.jpg
リザーバータンクのホースも新品に交換です。

a0300078_18471125.jpg
外したホースを確認してみると・・・

メーカーさんが指摘した通り! ホースが変形してますねー!!

これが一つの原因だったとは・・・(意外と原因追及しても、ここは分からない箇所だったりします。)

リビルトメーカー様様です!

次回、同じ症状の車が入庫したら・・・

自信を持ってお客様に即答が出来ちゃいますね~(笑)

a0300078_18465710.jpg
リビルト品は『コア返却』と言って、

元々付いていた部品を、このようにメーカーさんへ送り返します。(送料はメーカーさん負担です。)

そして、このコアを、またメーカーさんがリビルトして商品化してくれるのですね。

修理業者様へ・・・
リビルトご購入の際は、必ずコアを返却してくださいね!


各リビルト品に対して、保証期間が設定されていますので、これも安心材料の一つですよね♪

a0300078_18471674.jpg
そして、リビルト品を取り付けて、エンジン始動!!

もちろんバッチリでした♪

ステップワゴンは元気にオーナー様のもとへ帰っていきましたよー!

このように、リサイクルパーツとは違った、商品もリサイクル業者では取り扱っています。


修理業者さんへ『リサイクルかリビルトで直して~』って言えば、

業者さんも喜んでリサイクル&リビルト品を使ってくれますよ~


RECOジャパンでは、こんな節約術をご提案できる修理工場もご紹介します。
自動車リサイクルパーツ探すなら!

【取材協力工場】
神奈川県川崎市のBP・GLOBAL様。

友だち追加 
LINE@開設。友達募集中!
リサイクルパーツについてご質問があれば、気軽にどうぞ。
定期的な情報もお届け予定です♪

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
自動車中古部品の日本最大のオンラインストア www.recojapan.com
株式会社RECOジャパン 部品購入サポートセンター
〒103-0027 東京都中央区日本橋1-2-2 親和ビル7F
■お問い合わせメールアドレス :info@recojapan.com
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

[PR]
by recojapan | 2017-12-22 19:00 | リビルト品、社外新品 | Comments(0)

トヨタ プリウス 安くフロントガラスを交換する方法! ~ ガラス交換施工編 ~

さて、今回は自動車ガラスの施工風景のご紹介です。

前回の記事で、自動車ガラスの交換を普通に行ったら15万円!!もの料金が掛かることをお話ししましたね!

これってあくまでもメーカーさんから支給される、いわゆる『メーカー純正品』を使うことが前提です。

けれども・・・?

自動車ガラスってメーカー純正品を使わないといけないのでしょうかね~?

そんなことはありません!!

メーカー純正品以外のガラス・・・いわゆる社外品(輸入ガラス)と言われる商品でも、車検に適合する商品もあり、強度だってまったく問題ナシ! 規格だってきちんと通った商品があるのです!

そして、今回紹介のガラス交換は驚きの価格に!

プリウス(30系)フロントガラス交換を例にあげると、

【社外(輸入)新品ガラスで交換】(あくまでも参考価格となります。)
◎ ガラス代  = ¥50,000 前後で(参考価格)
◎部品・施工代 = ¥40,000 前後で(参考価格)
◎ 合計金額  = ¥90,000    (参考価格)

9万円前後で交換することが可能です!!  純正品交換の半額程度で直せちゃうんですよね~!!

『社外品(輸入品)って平気なの?』こんな声も聞こえてきそうですが・・・

今回、紹介の社外(輸入)ガラスのロゴを(ほんの一例です。)を見てみると・・・

a0300078_17194796.jpg

1.『LAMISAFE』・・・このガラスのブランド名。(登録商標です。)

合わせガラスのブランド名となります。

そして『LAMISAFE』はAGC&AGCグループのブランド(登録商標)となります。

このAGCってどこの会社?

実は・・・旭硝子株式会社のことなんですねー!!
旭硝子っていったら国内の自動車ガラスを扱うトップメーカーです。
今回ご紹介のガラスはこの旭硝子グループが製造している輸入ガラスとなります!
ですから、、、社外品とは言え信頼度は抜群ですよね!

(合わせガラスとは、、、)

主に自動車のフロントガラスに使われる安全ガラスのことです。
2枚のガラスの間にフィルムを挟んで接着することで、割れても破片が飛び散りにくく、飛び石や接触事故など前方からの衝撃物に対しても貫通しにくいという特徴があります。
現在の自動車のフロントガラスには合わせガラスが使われています。

2.『AP TECH』・・・このガラスのブランド名となります。

上記でご説明した通り旭硝子グループのガラスブランドですから、信頼度は折り紙付き♪

3.『M314』・・・旭硝子の種類表記となります。

フロントガラスなどの合わせガラスに刻印されています。

「3」=合わせガラスの意。
「1」=グリーン色の意。
「4」=板厚が4㎜の意。

各メーカーで番号に意味を持たせています。

4.『AS-1』・・・アメリカ規格認証マークです。

AS1=フロントガラス(合わせガラス)に使用可能
且つ透過率が70%以上ある製品に刻印されています。

AS2=フロントガラス以外に使用可能

AS3=プライバシーガラス。
運転席から後ろに使用可能の意味があります。

フロントガラスは合わせガラスですので、AS1ですね!

この規格はJIS規格にも相当するものとされています。(JIS規格準拠品)
今回のガラスにはJIS規格はありません。

「JIS規格が無くて平気なの・・・?」

ガラスは感応部品であるためJIS規格のみではユーザーの満足度にバラつきが生じます。
そこで、旭硝子及びグループ会社では独自の規格を設定し、厳しい基準の中で品質管理を行っています。

5.『DOT305』・・・アメリカ運輸省の登録番号。

このガラスの生産工場番号が記載されています。

このように、メーカー別、種類別、規格別と様々な条件によって各メーカーで刻印が違ってきます。

今回、ご紹介のガラスメーカー『AP TECH』は、これだけを見た場合、「ただの輸入ガラスでしょ?大丈夫なの?」となりますが・・・

登録商標の『LAMISAFE』が刻印されていることによって、旭硝子グループの商品と言うことが分かります。そして企画もJIS規格以上の品質管理体制!

これによって、輸入ガラスでもしっかりとした生産工場から出荷されていることが分かります♪

これなら使っても安全ですね♪

このガラスの交換は街のガラス施工店に依頼すれば快く引き受けて頂けると思います。
ディーラーさんでもガラス持ち込みでお願いしてもやって頂けるところが殆どですよ!

では、プリウスのガラス交換風景をご紹介していきます。

a0300078_17222412.jpg

先ずは入庫してきたプリウス。

割れたガラスの取り外しを始めるのですが・・・

専用工具を使ったり、ガラスを外すのにボディーに触れたりとするので、キズがつかないよう専用の養生シートを各部に張り付けていきます。

ガラスの回りのピラー部も養生テープにて保護していきます。

a0300078_17232689.jpg

ワイパー周りの部品も取外しますので、

ボンネット周辺も養生していきます。
a0300078_17240757.jpg
割れたガラスを取外しました。

ここからボディー側に残った接着剤(ガラスシーラー)を綺麗に除去して、新しい接着剤を塗布していきます。

ここまでの作業が一番手間のかかる作業!

施工店の一番の腕の見せ所でもあります!

a0300078_17245725.jpg

この日はもう一台プリウスが入ってました。

a0300078_17255780.jpg

同じく養生作業をして、作業開始。

a0300078_17273811.jpg

特殊工具で接着剤を剥がしていきます。

こちらも腕の見せ所!!

a0300078_17285380.jpg

新品ガラスを取付て作業完了です!

こちらも接着剤の乾燥完了後に納車となります。

上記2台も今回紹介の社外品(輸入ガラス)で交換作業しました。

1台目は飛び石被害。。。全面に亀裂が入っての交換。。
2台目は車検時に飛び石を指摘され、泣く泣く交換に!

どちらも突然の出来事で、突然の出費!!

突然の出費で10万円以上は、財布に優しくないですよね~?

そんな時、社外品の出番!

車種によって価格差はありますが、メーカー純正品のガラス交換の大よそ半分くらいの金額で交換することが可能ですよ♪

友だち追加 

LINE@開設。友達募集中!
リサイクルパーツについてご質問があれば、気軽にどうぞ。
定期的な情報もお届け予定です♪

RECOジャパンでは、こんな節約術をご提案できる修理工場もご紹介します。

自動車リサイクルパーツ探すなら!
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
自動車中古部品の日本最大のオンラインストア www.recojapan.com
株式会社RECOジャパン 部品購入サポートセンター
〒103-0027 東京都中央区日本橋1-2-2 親和ビル7F
■お問い合わせメールアドレス :info@recojapan.com
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


[PR]
by recojapan | 2017-03-31 17:31 | リビルト品、社外新品 | Comments(0)

トヨタ プリウス 安くフロントガラスを交換する方法! ~価格編&保険修理の話し ~

車の運転中。。。

突然! フロントガラスにヒビが入ったことはありませんか???

高速道路やトラックの後ろを走行している時など、前方車の飛び石によって、車のフロントガラスが割れてしまう!!

a0300078_17374098.jpg

これは、、、 不慮の事故! 災難ですよね。。。

毎日、運転される方の中には、年に何度も『飛び石被害』に遭っている方も多く居るらしく・・・
その都度、ガラスの交換をしているそうです。

このガラス修理ですが・・・

a0300078_17394645.jpg

小さなヒビならリペアで穴を埋めることも出来ますが・・・
大きくヒビの入った場合、、、そのままにしていると、ますます大きくなる恐れも!

走行の振動やボディーのねじれによって、ガラスに負担が掛かり、やがてヒビは大きくなっていきます。
小さければまだしも、大きくなってからでは走行に支障をきたし大変危険ですよね!!

a0300078_17405977.jpg

当然このままでは車検はNG! 整備不良になる恐れも!

それよりもなによりも、命の危険に繋がりますから、、、早急な対応が必要になりますね!

そんな時、ガラス交換はどちらに依頼しますか?

ディーラー? 街の整備工場? それともカー用品店? 

車に関するお店に相談しに行くと思います。

ところが・・・
見積をもらって、ビックリされた方も多いと思います。

なぜなら・・・
人気車種のプリウス(30系)のフロントガラス交換を例にしてみると・・・

【メーカー純正品交換】(あくまでも参考価格となります。)

◎ ガラス代  = ¥102,492(税込)
◎部品・施工代 = ¥ 38,394(参考価格)
◎ 合計金額  = ¥140,886(税込)

ガラス交換だけでおおよそ15万円もの費用が掛かることに、ビックリですよね!!

車両保険に加入されてないオーナー様は実費負担です・・・(泣)

保険加入されたる方は取りあえず保険で直すから平気~♪
なぁ~んて、考えていますか?

ところがです・・・

昨今の自動車保険制度の改正で・・・安心出来ない状況になっているのです!!

と、言うのも。。。

2012年から始まったノンフリート等級別料率制度の改定により、ある事実が判明!!

それは、、、
かつてのガラス交換での保険修理は・・・
車両保険使用が可能で、等級ダウンは無し 次回、更新時の料金も上がることなく、
料金据え置きでOKでした!(免責がある場合は要免責負担。)

しかし、、、特別料率制度が実施されて。。。
車両保険は従来通り使うことが可能ですが・・・

等級は1等級ダウン!

そして【事故有係数】と言うものが1年 適応されてしまいます!
(通常の事故であれば3等級ダウン! 事故有係数は3年間もの適用です!!)

現在の等級にもよりますが・・・

1等級ダウンでの差額が2万円程と仮定すると・・・計算はこちらを参考まで

元の等級に戻るまでに2年要しますので、
差額×2年=約¥40,000 仮に免責が¥50,000あったら、2年で¥90,000の出費という単純な計算になります。

すると・・・

保険会社は。。。

『今、保険使われると等級ダウンで2年間は事故有りの割引率になりますよ~!
差額を計算すると10万円近くの負担になります。それなら今は使わず、あと少し出費して頂いて現金で直された方がお得かもしれませんよ! 現金ならもう少し安く直してくれる修理工場もありますし。。。
宜しければご紹介しましょうか?』

なぁ~んて 話されたら・・・ 迷っちゃいますよね~?

言われた方は・・・

『確かに、等級ダウンで後々の無駄な出費はしたくないし、、、免責で結局5万円は払わなければならないし・・・ 安くしてくれる修理工場があるんだったら、少し現金足して直そうかな~?』と。。。

結局、現在の保険制度は、

保険を使った場合。。。。翌年から事故をした契約者用の割引率があり、保険料が上がり、修理代の一部を数年掛けて返済しているようなもの!(無金利のローンと筆者はお客様に伝えることがあります。)

これが良いのか?悪いのか?は各自のご判断で(笑)

a0300078_17420417.jpg

そして、、、、
現時点で現金修理か? 保険修理か?も、、、 ご自身での判断となりますね!(保険会社さんの話はあくまでもアドバイス的に考えてください。)

筆者は5万円以下の修理でない限りは、後者(保険修理)を選びます!(ご参考まで)

長々となりましたが・・・
気軽に依頼できたガラス交換も今では色々な縛りが発生!
飛び石に限らず、、、
車検時にも『交換しないと車検通りませんよ!』と言われる場合もあることでしょう。

そんな時は・・・
安く直す方法があるんですよ~♪

今回は保険のからくりのお話しまで!

次回はガラス交換のお話しをさせて頂きます。

友だち追加 

LINE@開設。友達募集中!
リサイクルパーツについてご質問があれば、気軽にどうぞ。
定期的な情報もお届け予定です♪

RECOジャパンでは、こんな節約術をご提案できる修理工場もご紹介します。
自動車リサイクルパーツ探すなら!
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
自動車中古部品の日本最大のオンラインストア www.recojapan.com
株式会社RECOジャパン 部品購入サポートセンター
〒103-0027 東京都中央区日本橋1-2-2 親和ビル7F
■お問い合わせメールアドレス :info@recojapan.com
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^



[PR]
by recojapan | 2017-03-29 20:24 | リビルト品、社外新品 | Comments(0)


自動車生活を楽しんでいただく情報サイト


by recojapan

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
修理事例
リビルト品、社外新品
四方山話
お知らせ
お得な商品情報
未分類

最新の記事

ダイハツ タントカスタム L..
at 2018-05-16 22:12
ニッサン ムラーノ (TZ5..
at 2018-02-27 18:30
ステップワゴン スパーダ パ..
at 2017-12-22 19:00
【お台場旧車天国2017】 ..
at 2017-11-17 15:36
東京オリンピック・パラリンピ..
at 2017-11-06 15:06

以前の記事

2018年 05月
2018年 02月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月

記事ランキング

ブログジャンル

車・バイク
自転車・バイク

タグ